VU4KV雑感

 FT4TAのあと少し楽しませてくれたVU4KVのペディションも終わったのかな?レポートも今朝の20z少し前で止まっています。 金曜日から土曜日にかけて約1日くらいレポートが無かったのでここでQRTしたのかと思っていましたが土日にかけてWWCWに40,20,15,10mで出ていました。他に長い時間17,12mのRTTYに出ていたようです。
 話はその前の11/27のことです。
 VU4KVも終盤に差し掛かり、160mを残していたが11/22の20~21z以来QRVの気配が感じられなかった。11/27は午前中に地域の所用があったため1日の休暇をとっていた。
 午後は何するともなく、シャックに座っていた。ただ祝日の月曜日(11/24)から3日連続で50.090MHzにRTTYで出ていた(自分は初日に済ませていた)ので今日はどのエリアあたりまで開けるかな?と14時ごろから6mを聴いていたところ・・・
 クラスターに 0620Z 50500.0 F3E CQ VU2CDP とレポートが上がった。FMで出る可能性はあるが・・・とすぐにFMに切り替え聴きに行った。反応の早い局がいたもので既にそこで九州の局がQSOしていた。JAの周波数区分表を見るとFMは51MHzから上になっている。案じていたところ、神の声がFMで5100と告げていた。VU4KVがOK!と返事していたので自分も51.000MHzで待っていたが・・・出てこない。
 あれ?とまた50.500MHzを聴いて見ると先ほどとは少しずれて50.510MHzに出ていた。そうか!QSY10UPと勘違いしたのだと思っていると再度、51000のお告げがあった。今度は51.000MHzに移動するかな?と聴いてみたらちゃんと上がってきていた。リニアは必要なく100Wで楽々(ANTはSteppIRなのでSWRは充分下がっている)会話ができた。
 Handle Nameを聞いてきたので答えたら、彼の名前はKumarでHome CallはVU2BGS(LowBandのスペシャリスト)というので、これ幸いと160mに20zあたりに出て欲しいとリクエストするとOK!OK!と快諾してくれた。自分の後にやった九州の局には設備を聞いていたりFMでEUとやった事があるかなどと聞いていたが、呼ぶ局が増えてくるとラグチュウスタイルは止めて59-59スタイルでさばいていた。
 11/28は当然少し早起きして19z前から160mで待っていると1821.5KHzに出てUP1で出来た。20zには呼ぶ局も増えてきたようだった。
今朝、スロットを見ると80mPHが赤くついている。Staticsでは全世界で3局(3DXCC)となっている。まあこれはどこか近くにお友達がいるのだろうと思う。確かFT5ZMの時も最後に160mPHをやったUゾーンの局があった。
 まあ、近場ではあったが楽しめた。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック